人生にルーティーンを組み込もう☆

料理に興味をもってみる

やりたい事が見つかりにくい!

何を始めたらいいんだろうという皆様に

やりたい事に埋もれている私から

皆様に趣味をプレゼンしていくこのblog


皆様、どうか今日もお付き合いくださいませ

さて、今回のテーマはズバリ『料理の趣味』です!

99%外食の私が言うのもなんなのですが、料理が出来たら羨ましいですよねぇ。そんな私でもこれは作りたくなるかも!と思えるものは、きっと皆さんにも響くはずでしょう

では、今回もいきましょう♪


料理とはなんぞや


料理の歴史は古く、人間の生命に直結するもの故に古代より進化してきてます。紀元前1750年頃に王様に提供する料理の記述があったことから、この頃から食べ物に手を加えレシピとして残すという形があったと考えます

しっかりとした調理法を記録し始めたのは古代のローマ時代。料理の方法が書物として残るようになります。いわゆる1600年以上前という事ですね!レシピが誕生してからと考えても、1600年以上の歴史を紡いできた料理という文化

その頃日本は何をしていたかというと、ゴリゴリの古墳時代。お墓を作りまくってました

料理の種類・世界の料理





一般的に馴染みがあるものといえば

  • 和食
  • 洋食
  • イタリアン
  • フレンチ
  • 中華料理


位でしょうか。しかし調べてみると世界各国の料理がそれぞれの文化で独立しており、数えるとキリがないほどありました。

当然韓国料理と言われたら、確かにそのジャンルも存在します。ロシアやトルコ料理だってそうですね。ケバブとかは口にする事も多いわけで、ではなぜこのジャンルだけよく聞くのでしょうか

それは基本的に日本人風にアレンジしてあるかによるわけですね。例えば『洋食』というジャンルは、欧米の料理を日本人の口に合うようにアレンジしたものという概念のようで、オムライスやエビフライなどがそれに当たるみたいですね

そう考えると、イタリアンも何故イタリア料理と言わないのか。フレンチもフランス料理と言わないのか、中華料理屋に本格中華料理という分け方があるのかが全て納得がいくわけです

もはや追いきれない種類のイタリアン


そもそもイタリアンはなぜイタリア料理では無く、ベジタリアンみたいな人種分けされているのか?この辺は疑問ではないですか。

これ、意外と調べても出てこなかったです

天下のウィキペディア先生も曖昧だとお手上げ



やはり根本的に『イタリア人』『イタリア風の』とあることから日本人の口に合う様なイタリア風料理であると断定しても良いかと思います

それもそのはず、イタリア料理は食前酒のアペリティーボから始まり、アンティパスト、プリモ、セコンド、コントルノ、ドルチェ、カッフェ、ディジェスティーボとありとあらゆる形式があり

パスタ1つでもボロネーゼ、ジェノベーゼ、カルボナーラ、プッタネスカ、アラビアータ、ペスカトーレ、マリナーラ、ボスカイオーラと底知らず



ペスカトーレに至っては『漁師風』という意味だそうで、そうなればイタリアンペスカトーレと言われれば『イタリア風の漁師風パスタ』になるわけです。もうただの想像レベルのパスタに変身です。

では何だったら作れるのか






先程の話で考えるならば、プロですら確実な定義はなく想像的な名前を付けていることが多いわけですから、料理を始める事に対して我々は少し肩の力を抜くべきなのではと感じました

99%外食の私も『これって何料理になるの?』という恐怖から解放され、あくまで◯◯風料理と胸を張れば良いわけです。これは何だかやれそうだ( ´_ゝ`)

ちなみに、先程書いた『アラビアータ』『怒っている・熱狂的な』という語源だそうで、イタリアンアラビアータは直訳すると『怒っているイタリア人風』となるわけで、パスタを茹で、ホールトマトを放り込み、ハバネロソースをかけたら自信を持ってアラビアータと言っていいでしょう。


そう、料理は基本自由だったのです。

ネットの力を借りる時代



さて、情熱的に自由に作って良いと分かった料理という作業。そうはいっても黄金比率とかもありやっぱり手を出しにくい。そんな我々素人はテクノロジーの力を借りましょう

最近では料理アプリも進化しています。Instagramからでもレシピは動画付きでとても簡単にアクセスし作ることが可能です

実際に私も作ってみましたが、分量を覚えるかは別として自分が作ったとは思えない本格料理が完成しました

オススメのやつはこれ!YouTubeより


レシピブログを探してみる



世の中には料理大好きな人が趣味で始めるレシピブログも大変流行ってきてます。本格的な感じを攻めずとも既に日本人に合う様に配合や素材から考えてくれている未来の料理本エッセイストの卵が沢山います



食べタイblog本格的なタイ料理を紹介しつつ、日本人に合ったメニューも説明してくれています

このようにブログやInstagram、アプリを利用しながらなら少しづつ作っていけそうな気がしませんか?単純な私はしてきましたよ☆

ご飯を作り始めることで身体のことを気遣うようになり、以前記事で書かせて頂いた身体を鍛えるというトレーニングなどをした後の栄養素の吸収等の対策にもってこいな気がしました

またトレーニング後の栄養素の記事も書いてみますので是非また読みにきてください♪

では、また!

最新情報をチェックしよう!
>ブログ収益は孤児施設の子供たちに寄付

ブログ収益は孤児施設の子供たちに寄付

一年に一度、児童養護施設の子供たちに向け 「サンタクロースプロジェクト」として集まった資金でクリスマスプレゼントを購入し届けています。2020年には他プロジェクトの収益を集め一般財団法人を立ち上げ予定。スマホ一台から社会・地域貢献を目指しています

CTR IMG