人生にルーティーンを組み込もう☆

総員、サブスクリプションの波に備えよ!!

やりたい事が見つかりにくい!

何を始めたらいいんだろうという皆様に

やりたい事に埋もれている私から

皆様に趣味をプレゼンしていくこのblog


皆様、どうか今日もお付き合いくださいませ

さて、今回のテーマはズバリ『サブスクリプション』!




えっと…何かの映画のタイトルですか…?( ´_ゝ`)

となっている人がほとんどでしょう!今回はサブスクリプションの利点と、それに伴う生活の変化をわかりやすく解説していきます。今日から貴方もサブスクリプションマスター!

では、今日もはりきって参りましょう!

サブスクリプションって何?

サブスクリプション
製品やサービスなどの一定期間の利用に対して、代金を支払う方式。

by コトバンク

そう、簡単に言うところの『定額制』って事です。難しく言えば『有限期間の使用許可』これが近年では大変再注目されてきてます

新しく新商品が出る度に新しいパッケージごと買ってもらっていたものが、ネット決済とダウンロードが主流になってきた現代時代に新しい形を迎えつつあります

そう、もう未来はすぐそこ。アップデートの時代です

今までの定額制と何が違うの?




今までの日本にも定額制という概念はありました。皆さんの身近なところで言えば携帯電話なんかも基本使用料というものを払っています。それは定額なわけですからサブスクリプションと言えます。

しかし振り返ってみると、携帯電話の新料金プランが出ていて、知らない間にずっと損していたという経験はありませんか?それが今までの定額制の落とし穴です。基本的に『買い切り』という会社有利のシステムになっていたからです

ジムも契約したものの使わないけど、休止したらまた契約がめんどくさそう。とか、夜しか利用しないのに1日利用の契約しかないので無理。契約が半年分前払いになっている。等々…

契約の複雑さ、ハードルの高さ、辞めにくさが企業側も新規参入を減らしている壁だと認識していたわけですね。その時代の変化に対応する形で定額制の概念も変わってくるのであります

ネットというフィールドが全てを変えた

今までジムで契約をする時は、キョドりながらジムの中に入り、引き締まった身体のいかにもアスリート風のお兄さんやお姉さんに運動不足を絵に描いたような自分が頭を下げながら申し込みに行くというスタイル

何か御用ですかと言わんばかりのその目は、場違いですよと付け加えられたかの様なリア充の眼差し。後ろめたさを感じ、今にも帰りたい気持ちを抑えながら頭を下げて入信…いや、入会を申し込み大金を払う

この誰が入りたくなるんだと思えるシステムが、ネットというテクノロジーによって劇的に変わってしまうのです

街を歩いていて、運動不足を感じた貴方は最近家の近くにできた大型のジムを思い出します。すぐさま携帯を取り出し位置情報からジムの情報を取得、夕方から夜までの月3000円のジムの利用を定額でアプリで購入します。

支払いはアプリ内でネット決済が行われ、クレジットカードから引き落とされます。軽い注意事項を読み、夕方にはジムを訪れアプリ内の会員証を端末にかざし中で好きなトレーニングを開始するのです

さぁ!どうですかこの劇的な違い!

誰とも会わず、書面契約もなし、解約もすぐ、好きな時に好きなものを好きなだけ利用する時代の幕開けです

企業側のメリット・利用者側のメリット




先程の例で考えてみますと、企業は人件費と管理費を大幅に削減できます。ニコニコしながら立たせておく筋肉質のリア充を何人も配置しなくて良くなるのです。

利用・退出の管理もアプリの会員証が行ってくれるので、門番の様に立つ必要がありません。また顧客管理も紙に書く契約書ではなくアプリ内で完結するので顧客管理もネット内で可能。自分達で顧客表を書く必要もスペースも必要が無いのです



インストラクターがいないと困る!という方にはインストラクター付きのプランを割高のサブスクリプションで提案すればよいわけですね。

もうなんでもいけそうな気がしてきました

利用者も選択肢は広がるし、解約するにもわざわざ出向く必要もありません。自分の範囲内での選択ができる事で、物は売る時代から選ばれる時代に突入してきたと考えます。

サブスクリプションが流行ってきている背景




それは『シェア』という文化が入ってきた事により、物は所有するものではなく、利用するものだという考え方にシフトしつつある現代にあります

そしてそれと同時に経済が世界中で疲弊しつつある事も、その所有欲を抑えていっている原因の1つと考えられます

所有する事に意味を見出せなくなってきた近年のテクノロジーの発展と、それにより新規顧客の獲得が困難になってきた企業側の新たな市場競争が起こす新しい文化の波

それをもたらした全ての波紋の中心にいるのが『キャッシュレス』という台風の目です。貨幣という人間が長きにわたって積み上げてきた信頼を失う時、そのサービス全てが変革し新しく組み上げられるのです

そう我々は今、新世紀と向かい合う時に来ているのかもしれません。皆さんはどう備えて行きますか?

まとめ

サブスクリプションは全てのサービスに当てはめることができ、世の中をシンプルにかつ自由に選択していける新たなステージへと進めようとしています

しかしメリットにはデメリットも存在し、本当に必要とされるサービスのみが残っていくことになるわけです。そうなることでどの業界にも競争が発生し、その副作用で格差が生まれます

はたしてサブスクリプションは現代に生きる我々にとってよい薬となるでしょうか。それとも劇薬となり身を滅ぼしてしまうでしょうか。信じる信じないはあなた次第です!

便利なサブスクリプションサービス

Amazonプライム・ビデオ

新旧問わず沢山の映画や海外ドラマを見られる定額制の定番

Amazonミュージック

定額制の聴き放題サービス。もうCDを買う時代もいよいよ終焉か

では、また!

皆様最後まで読んで頂きありがとうございます!
↓記事が面白かったという方はPayPayからご支援を宜しくお願い致します!頂いたお金は全て養護施設に寄付します

最新情報をチェックしよう!
>ブログ収益は孤児施設の子供たちに寄付

ブログ収益は孤児施設の子供たちに寄付

一年に一度、児童養護施設の子供たちに向け 「サンタクロースプロジェクト」として集まった資金でクリスマスプレゼントを購入し届けています。2020年には他プロジェクトの収益を集め一般財団法人を立ち上げ予定。スマホ一台から社会・地域貢献を目指しています

CTR IMG