人生にルーティーンを組み込もう☆

初心者に優しいGAFA(ガーファ)を解説

やりたい事が見つかりにくいこの時代に、明確なビジョンを持って生きていく事で新たな世界が見えてくる!はず!?

今回のテーマは『初心者に優しいGAFA』です!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近聞くんですよ。知識人から『ガーファ、ガーファ』と。何かの鳴き声か、また難しい経済用語なんでしょう?と聞き流してませんか?



ありますよね?そういうよく分からないけど何となく分かってる風で聞く瞬間って。しかしこれ調べたらすごく面白かったんです

今日は素人でも分かる『GAFA・ガーファ』を5分で解説。明日からガーファの分かる人間にしてみせます。

では今回もはりきってまいりましょう!

とりあえずGAFAって何



GAFA(ガーファ)は、アメリカの4大主要IT企業の略・Google、Amazon、Facebook、Appleの頭文字を取ったものです

全てはここに尽きます。そしてこれを理解したら話はとても早いし、もう終わって寝ようとするでしょう!しかし待ってほしい!

なぜこの4個だけが、にわか知識人の口からやたら出てくるのか。そこだけをさらっと分かればより知識が深まるはずです

いかにこの4個が世界を席巻してるかが分かります

GAFAに牛耳られつつある世界



考えてみてほしい。今の時代ネットが無くては生きていくのはすごく不便になり、高齢者のスマホ達人も続々と誕生している

ITは今やパソコンやスマホといった生活だけでは無く、医療や経済、インフラからダムの放流まで管理され始めつつあるのが現状だ

貴方が買い物をしようとすれば、Amazonで何かを注文したとしよう

このたった1つの行動でGAFA全体が関係して動き出してる可能性があるのだ

GAFAの連携は凄まじい



Amazonでお洒落なワインを購入したとしよう。

そのアマゾンで商品を探す前に、そのお洒落なワインについて調べたはずだ。お洒落なワインのオススメについての情報を

その時にグーグルを使用している可能性がある。

昔から検索することを『ググる』というが、これはグーグルで検索するという意味

今やグーグルのアプリを入れていれば、『オッケーグーグル♪』と言うと自動的にアプリが立ち上がり指示した情報を調べてくれる

そのアプリはどこに入っている?iPhoneかもしれない。はい、Appleの登場だ!

ちなみに私はグーグルではなく、siriに聞くからといってもAppleだ!

次なる行動も見すえて動くGAFA



iPhoneでグーグルで調べた情報でアマゾンで購入したお洒落なワイン

貴方は家から一歩も出てない、どころかソファから動いてもいないかもしれない。なんて便利な時代なんだ

お洒落なワインがスムーズに家に届き、このお洒落な時間を1人で堪能するのはもったいない。お洒落な友人に自慢したり、気の会う仲間と飲み会を計画しようと思い始める

さぁ、Facebookの出番だ!フェイスブックに投稿し情報を共有。批評をしたり、メッセージで飲み会の集まりを募集したりできる

私はフェイスブックは使ってないの!Instagramだから!フェイスブックは時代遅れ!と言う人もいるだろう。その気持ちは分かる

だが、Instagramはフェイスブックの傘下の企業だ!パソコンのFacebook、スマホのInstagramと、既に住み分けはフェイスブック社によって計算済みなのだ

もうGAFAされあれば解決じゃん



Amazonで注文しただけなのに、GAFA全ての会社を利用している可能性がある。支払いはApplePAYで行うかもしれない。ここでもApple

Amazonは商品ならほぼなんでも揃うネット上の巨大スーパーだ。家も買える

最近ではグーグルも携帯を出し始めた。SafariはAppleだ。Chromはグーグルだ。

Amazonに登録してあるアドレスにGmailを使っているかもしれない。はい、Googleだ!

もう何をしてもGAFAが出てくる



目的地の場所を調べる時、グーグルマップを利用したらGoogleだ。目的地が決まればナビで連れて行ってくれる。グーグルマップのナビに違いない

お店の位置情報がネットで出てくるのは、Facebookにビジネス登録して位置を登録しているからだ。FacebookとGoogleマップの合わせ技で一本だ

日本人のiPhoneのシェア率は70%を超える。タブレットもiPadだ。音楽はApple Musicを使い始めるだろう、そんな人は時計はAppleウオッチでイヤホンがワイヤレスイヤホンのAirPodsでApple製だ

もうきりがない

便利だからいいじゃん



と、皆さんは思う事だろう。確かにそう

しかしこの膨大な行動のデータがこの4つの会社に集約されて独占的に集められている事が問題になってくることがあるかもしれない

データが集まれば集まるほど会社は大きくなり、利益を生んでいくことが可能になってしまう。大きくなってしまった巨大ネットワークは他社の邪魔な新規参入を潰してしまう

そして携帯、パソコン、音楽、映像、決済、共有、など全ての一連の流れにどんどん進出してくるGAFAの勢いに頼りきってしまっている

さらに無くてはならないレベルになった時、もしそれを利用できなくなったり・利用するのにお金がかかり始めたら私達はお金のかからない不自由な生活に戻れる事ができるだろうか

おそらく出来ない。もう言う事を聞くしか無くなってしまう

制限される事で生まれたアリババやweibo



情報の規制が激しい中国では、アメリカ中心のこうしたIT革命を利用させなかった

それによりおのずと自分たちの国からその代わりになるものが産まれて来たのである。それがAmazonに取って代わるAlibaba(アリババ)やフェイスブックやInstagramに変わるSNS、『weibo』だ

中国の情報統制については
激動の香港から読み解く ←こちらの記事も是非

そして日本でも馴染みの深い『LINE』これは韓国の企業が生み出したコンテンツとされている

無ければ無いで自分達が生み出していく時代。もうすでにあるから利用したに過ぎないわけで、いつか自分達のまわりにも日本のGAFAが出てくるかもしれませんね!

まとめ



さて、いかがでしたか?

こんなに便利な今の時代では、利用しない事は考えられなくなってきています。

しかしそれにつれ、問題も起きてきそうに感じませんでしたか?だから最初に言ったように知識人達が『ガーファ、ガーファ』言うのです

さぁ全てが分かってきましたね!

今日から貴方も口グセがGAFAになるに違いありません

私には関係ない!YouTubeでも見て現実逃避するわ!って人もいるかもしれませんね

しかしそのYouTube、グーグルの傘下ですから!!



では、また!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ブログランキング参加中♪是非タップを

最新情報をチェックしよう!
>ブログ収益は孤児施設の子供たちに寄付

ブログ収益は孤児施設の子供たちに寄付

一年に一度、児童養護施設の子供たちに向け 「サンタクロースプロジェクト」として集まった資金でクリスマスプレゼントを購入し届けています。2020年には他プロジェクトの収益を集め一般財団法人を立ち上げ予定。スマホ一台から社会・地域貢献を目指しています

CTR IMG